▲TOPへ戻る

乾くと出てくる浴室の白いモヤモヤ水垢汚れ

浴室のカラー浴槽に付いた硬い水垢

ハウスクリーニングの中でも難易度の高い、浴室のカラー浴槽に付着した超硬度の水アカについて書きます。

 

浴室の汚れは、水アカ、石鹸カス、ローション、カビ等の複合汚れがほとんどです。
カビ等は比較的簡単に取れますが水アカや石鹸カスは苦労している掃除屋さんが多いようです。

 

なぜかと言いますと、濡れている時はきれいに取れているように見えるのですが、乾くとてきめんにでてくるからです。

 

取れないからといって、硬いもので物理的に擦ってしまうのでキズだらけになります。

 

 

 

アイボリー色の浴槽等は、そのキズが目立たないだけで、かなりのキズがついている場合が多いです。

 

キズがつくと、最初はきれいに見えてもそのキズに汚れが入り、以前より早く汚れが目立つようになります。
小キズや磨きキズが汚れの再付着をよぶからです。

 

さらに毎回のように擦られすぎて、表面のコーティングがなくなり、中のガラス繊維が露出してしまい、設備の全面交換という最悪の結果となります。

 

 

 

下の写真のカラー浴槽の場合、掃除屋さんの技術の差が確実に出ます。

 

浴室のカラー浴槽に付いた白く硬い水垢

 

カラー浴槽についた重度の白い水垢汚れです。永年の水垢が堆積して非常に硬い層になっています。


 

浴室のカラー浴槽に付いた白く硬い水垢を除去

 

浴槽の水垢を除去した写真です。ケレンなどの物理的に硬いもので削り取ると、傷だらけになり光沢も回復しません。


カラー浴槽の場合はアイボリー色と違って、擦りすぎの結果がてきめんに現れます。

 

傷がはっきり出るのと、乾いた時にその部分の光沢がまったくなくなるからです。
本来は周りが映りこむほどの輝きだったはずです。

 

浴室のカラー浴槽に付いた白く硬い水垢02

 

浴槽正面向かって右側の部分の写真です。今まで我慢していたそうですが、あまりにもひどい状態とのことで、当店に浴室クリーニングのご依頼を頂きました。


この浴槽の水アカは手で触っただけでもざらざらと凹凸がはっきりしてとても硬い状態でした。

 

浴室のカラー浴槽に付いた白く硬い水垢を除去02

 

水垢除去後の写真です。光沢も回復し、浴室内が明るくなりました。


さらに、築18年の物件でしたので、擦りキズもたくさんありました。

 

それが浴槽全体についていましたが、光沢もよみがえり、お客様に大変喜ばれました。

 

今回は行いませんでしたが、オプションで、再生研磨することで、さらに光沢と写像性が上がります。

 

浴室の汚れでお困りの方は、こちらの「浴室・ユニットバス・お風呂のハウスクリーニング」をご覧下さい。

 

 

サイト閲覧中、次に調べたいこと、わからないこと、再度確認したい時は!

スタートガイドは、当サイト内のすべてのページが一覧できますサイトメニューになっておりますので、サイト閲覧中、次に調べたいこと、わからないこと、再度確認したいことなどありました場合も、スタートガイドのページから各ページへお進み頂けますのでご利用下さい。

 

迷ったら!スタートガイドへ